エミューオイルはアトピーにいいの?

 

<アトピーにいいのか>

 

エミューオイルがいいっていうけど、
アトピーにもいいのか、という問題です。
アトピーと一言でいっても、症状や程度はさまざまですし、
難しい病気ではありますよね。

 

 

エミューオイルがアトピーにいいとすれば
具体的にどういう風にいいのか、についてまとめてみました。

 

 

 

 

 

>保湿に優れ、抗炎症効果もあり

 

どんな症状のアトピーであっても共通するのは保湿
保湿ローションやオイル類は世の中にあふれています。
ではエミューオイルが他の保湿類とどういうふうに違うのでしょうか。

 

 

エミューオイルは人の皮脂成分と極めて似ていて、
浸透性がすばらしいそうです。
その理由は不飽和脂肪酸、すなわちオメガ3、オメガ6、オメガ9です。
またの名を、αーリノレン酸、リノール酸、オレイン酸ともいいます。
この不飽和脂肪酸は健康維持のため重要で、
細胞が働くために必要ですし、炎症を抑えたり、皮膚の再生を促す働きもあります。
オレイン酸は浸透性に優れていて、これらの有効成分をさっと運んでくれる働きもします。
エミューオイルはこの不飽和脂肪酸の割合が7割を占めるんだそうですよ。

 

 

ステロイド剤の賛否論は後をたちませんが、
ステロイド剤のような働きももつエミューオイルなので、
アトピー症状が軽減する場合も実際にあるそうです。

 

 

 

 

 

>アトピーの方が使ってみた感想

<使ってみた感想>
また、使ってみた方の感想としては、
・馬油でもかさかさだったのがおちついてきた
・カサカサアトピーでも熱がこもって赤くなるタイプのアトピーでも軽減された
・湿疹の赤みが薄れてきた

など皮膚症状の改善報告も探すことができました。

 

 

 

 

 

>敏感な肌だからこそ選びたい品質

 

アレルギー反応などはほとんどないといっていいとはいえ、
やはり肌に合わない方もいらっしゃるので注意は必要です。
敏感な肌をお持ちだからこそ、品質のいいエミューオイルを選びたいですよね。

 

 

わたしのおすすめは”エミューの雫”です。
飼育から製品化まで政府の認定をうけたオイル100%です。
さらに、オーストラリア政府機関認定の治療医薬品として、
また医薬品目録に登録されているものなんです。
さらに日本人向けに、さらに日本でもう一度濾すことによって、においが抑えられています。
もちろん品質は変わりません。

 

 

アトピーって塗っても塗っても入っていかない!ということ多いと思うんですが、
エミューオイルは浸透性にとてもすぐれていて、
しかも抗炎症効果もあるというのですから、一度試してみる価値あると思いますよ。